未来構想デザイン・グレートブックス 番外編

2020.5.3

未来構想デザインコースでは、未来のデザインを考えるために知っておくべき書籍、論文、映像などを「未来構想デザイン・グレートブックス」と呼んでいます。ここでいうブックとは、ライブラリ(木の皮 liber に書かれたもの・記録されたもの)のことを意味し、本の形を取ったものだけでなく、広い意味でさまざまな媒体に記録されたコンテンツのことを指しています。

番外編は、尾方先生からの紹介です。

教養の補助線 観察学/デザイン学/表現学 尾方義人,2014年

以前全学教育で1年生向けに作ったノート資料です。ノートだけですとわかりにくいかもしれませんが、暇な方は読み流してみて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観察学

04 観察でなにができるか  ー 教養としての観察
06 「 してはいけません」  ー 禁止や禁忌からの問題の発見方法
08 もし象に模様があったら  ー 模様・パタン・モアレ
10 しめじマップ  ー 印象はなにからできるか
12 自分のことはわからない  ー 人間の観察 生活のなかから課題をみつける
14 どこから装飾?  ー 空白が怖い?!
16 工学的人間観察  ー 物理形状としての身体
18 アフォーダンス  ー 環境の中の意味や情報
20 神は細部に宿る  ー 機器観察のポイント
22 トン・ト・ト・トーン  ー アートのリズム・バランス・グラディエーション
24 CMF の情報  ー  食品パッケージに見るColor・Material・Font

01_観察学_PDF_>>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デザイン学

30 どうしてデザイン・芸術工学を勉強するか  ー  教養としての観察
32 ものづくりと理系・文系  ー  デザインの変遷
34 比較による理解と気づき  ー  デザインとアート 言葉の比較
36 たくさんつくるということー工業化  ー  大量生産・大量販売・大量消費
38 論理と感性  ー  論理的にと言われても、、、
40 工学 ー社会のための再現  ー  説明しづらいあたり前の言葉が好機
42 アイデア クリエイティブの源  ー  ただしこれだけではだめ
44 使える道具 コンセプト  ー  美術のモチーフではない
46 問いと答え  ー  何が問題か
48 企画と計画  ー  企てると経る
50 方法とは  ー  科学的な立場から客観的に分析する

02_デザイン学_PDF_>>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表現学

52 メタファーとアナロジー  ー  比喩と類推
56 スケッチは便利なツール  ー  だれでもできる便利なスキル
58 ロゴという記号論  ー  意味とカタチの塊をつくる
60 ストロータワー  ー  要素からの機能と印象
62 二等分割  ー  バウハウスの課題
64 CMYK  ー  数理的な色彩表現
66 イメージの伝達  ー  表現と記述
68 ダイヤグラム  ー  映像の記述
70 色とゲシュタルト  ー  みえるということ
72 葉っぱ64 とテクスチャー  ー  図象化の文脈
74 ペーパー・ペーパーナイフ  ー  偶然に意味をあたえる。
76 幾何的に  ー  ユークリッドということ
78 黄金比 白銀比  ー  うつくしいバランス・プロポーション
80 デジタルって?  ー  離散と連続

03_表現学_PDF_>>