未来構想デザイングレート・ブックス04

2020.4.23

未来構想デザインコースでは、未来のデザインを考えるために知っておくべき書籍、論文、映像などを「未来構想デザイン・グレートブックス」と呼んでいます。ここでいうブックとは、ライブラリ(木の皮 liber に書かれたもの・記録されたもの)のことを意味し、本の形を取ったものだけでなく、広い意味でさまざまな媒体に記録されたコンテンツのことを指しています。

4回目は、栗山先生からの紹介です。

ロイド・カーン『シェルター』(著, 玉井一匡日本語版監修、ワールドフォトプレス グリーンアロー出版社, 2001年)

60年代ヒッピーにとってのセルフビルドのバイブル。

 

 

 

ジョージ・ケペッシュ『ニューランドスケープ 造形と科学の新しい風景』(佐波甫・高見堅志郎訳、美術出版社、1966年)

「芸術と科学の総合」に向けた新たな思索の方法を示した革新的な一冊。

 

 

 

マルセル・デュシャン『マルセル・デュシャン全著作』(北山研二訳、未知谷、 2001年)

デュシャンの著作面の業績をほぼ集大成した書。創作のヒントが得られるかも!?

 

 

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド『ホワイトヘッド著作集 第10巻第11巻 過程と実在 (上) (下), 』(山本誠作訳、松籟社, 1984年)

ホワイトヘッドの代表的な名著。難解だけれどもいきなり原書にトライしてみては?