生命・情報科学

全5件中 1〜5件を表示

高木 英行

知能情報、計算知能、進化計算 最も性能が出るようにする,最も軽く強度を最高にする,最もデザインコンセプトに合った形状にする,などなどはすべて「最適化」と呼ばれ,我々の日常生活で多々使われています.最適化の方法の中でも,生
続きを読む

2020.10.15 update

丸山 修

統計的機械学習、ベイズ推定、分子生物学 — ひとまずでいいので、なにか目指すものをもつことをお勧めします。そういうものがあれば、自分が進むべき方向が見えてくるし毎日の生活でやるべきことがはっきりしてきます。迷
続きを読む

2020.10.15 update

伊藤 浩史

時間生物学、非線形動力学 — 生きているものと生きていないものの違いに思い悩む高校時代でした。大学に入学し体内時計の研究に出会い、私の人生の解くべき問いになりました。大学で人生を賭けられるような問いが見つかる
続きを読む

2020.10.15 update

平松 千尋

視覚生理心理学、分子遺伝学 — 生命現象の一部であっても理解することは難題の連続です。しかし、何か行動してみると、糸口がつかめることが多くあります。困難があってもできることから始めてみてください。きっと可能性
続きを読む

2020.10.15 update

関 元秀

関 元秀

主に数理モデリングによる生物社会現象の研究、ときどき数理モデリングによらない生物社会現象の研究をしています。プラスチックでつくったモノの模型をプラモデルと呼ぶのと同じように、数式でつくったコトの模型を数理モデルと呼びます
続きを読む

2020.10.15 update