高木 英行

2020.9.23

Hideyuki TAKAGI

知能情報、
計算知能、
進化計算

最も性能が出るようにする,最も軽く強度を最高にする,最もデザインコンセプトに合った形状にする,などなどはすべて「最適化」と呼ばれ,我々の日常生活で多々使われています.最適化の方法の中でも,生物進化や自然界の中でうまく働いている仕組みにヒントを得て最適化の性能を向上させようとする「進化計算」の研究をしています.
 第1の研究テーマとして,この進化計算の性能を向上させるためのアルゴリズム改良,演算手法の改良,更には,新しいアルゴリズムの提案などの進化計算の研究を行っています.
 第2の研究テーマとして,人間の評価能力とコンピュータの最適化能力を協調的に働かせる「対話進化計算」の研究を行っています.例えば,聞こえが特定ユーザに最適になるような補聴器の音や,ホームロボットの可愛い動きや癒しを感じる動きは,善し悪しの計測ができず人間がどう感じるかがすべてです.そこで,人間の評価能力とコンピュータの最適化能力を協調的に働かせる仕組みが必要になってきます.
 これらが「人間要素を取り込む計算知能」の現在の代表的な取り組みです.


人間要素を取り込む計算知能、最適化